温活専用布ナプキン通販サイトはこちら

子宮の不調(子宮頸がん)の予防をするためには

子宮の不調(子宮頸がん)の予防をするためには

 

前回は、子宮頸がんの原因についてお話ししました。

子宮頸がんは、女性にとって非常に身近な存在であり、いつ誰がなってもおかしくない可能性がある病気です。

その病気を予防するためにはどうすることが大切なのでしょうか?

今回は、子宮がんを予防する方法についてご紹介します。

 

子宮がんの予防方法

あなたは子宮がんを予防する方法についてご存知ですか?

子宮がんの元となるヒトパピローマウイルス(HPV)は主に性交渉によって感染します。

性交渉の経験がある女性のほとんどの方が一生に一度ヒトパピローマウイルスに感染すると言われており、感染すること自体は決して珍しいことではありません。

近年、子宮頸がんをほぼ100%予防するための方法が日本にも導入されました。

 

子宮頸がんの予防ワクチン

子宮頸がんんを予防できるワクチンは、ヒトパピローマウイルスを人工的に作ったものを摂取して、免疫を誘導することで、ウイルス感染を防ぐことにより予防します。

ワクチンの中に含まれるウイルスはHPV16型と18型と呼ばれているウイルスの殻です。

日本国内の子宮頸がん全体の7割程度がこの2つのHPVによって引き起こされていると言われています。

HPVのワクチンは、筋肉注射のため注射時の痛みがあります。

頻度は少ないのですが、不安のために失神を起こした事例も報告されており、注射をしてから30分程度は安静にすることも重要です。

このワクチンは感染症がないため、非常に安心なもので、世界の100カ国以上で使われています。

 

子宮頸がんにならないためには

子宮頸がんにならないためにも、ワクチンを受けることをおすすめします。

しかし、ワクチンの値段はいつでも受けようと思えるほど安価なものではなく、一本3万円とも言われています。

まずは婦人科に足を運び、ご自身の性行為の年数などを確認して今検査が受けられるのか、予防接種はいつのタイミングで受けられるのかを確認しましょう。

予防接種と検査の時期は、年齢、あなたの性行為をしてから経った年数によって変動してきます。

 

子宮頸がんをはじめ、病気にならないために大切な事は健康な身体を維持する事です。

そのためにも、日頃から体のケアが大切です。

 

子宮頸がんを予防して健康な体を保つ

子宮頸がんは、がんある程度進行するまで自分自身では気がつくことができません。

初期症状がないからこそ、予防が非常に大切です。

健康的な身体を保つ

どの病気に対しても言えることですが、まずは健康的な身体を保てるよう常日頃から意識することが大切です。

体調管理をすることで、免疫をつけることができます。

 

頸部を清潔に保つ

普段から、頸部を清潔に保つように心がけましょう。

子宮頸がんは、性行為によって発がんする可能性が高いと言われています。

常日頃から性感染症にならないようにするためにも正しい知識を取り入れるようにしましょう。

 

定期的に子宮がん検診を受けるようにする

予防することができなくても、定期的に検診することで早期発見することができ、治すことができます。

初期症状がない病気のため、年に一回は検診を受けることを心がけ、早期発見できるように努めましょう。

 

 

おまたカイロ専用ポケット付き・オーガニックコットン使用

子宮頸がんカテゴリの最新記事