温活専用布ナプキン通販サイトはこちら

温活法

1/9ページ

薬を飲まない!生理痛のセルフケア

毎月やってきては、憂うつな気分を運んでくる生理痛。現代医学では、生理痛の対処方法といえば「鎮痛剤を飲んで様子を見る」というのが正攻法だけれど、手元に薬がなかったり、できれば薬を飲みたくないときもあるもの。そこで今回は、生理痛がつらいときのセルフケアを6つご紹介します。   セルフケアをして良い生理痛、ダメな生理痛ってある? まず、生理痛が毎月の痛みと同様のものか確認してください。いつもよ […]

PMSってどうして起こるの?

PMSってどうして起こるの? 生理痛とともに女性で悩みの多いPMS。その程度は人それぞれ違いますが、PMSで悩まれている方は多いのではないでしょうか?月経(生理)と関係があるのはわかりますが、PMSはいったいどういうメカニズムで起きているのでしょうか? 人によって大きく症状が異なるPMS。実はその原因ははっきりとわかっていません。 一説によると、排卵後に訪れる「黄体期」に分泌される女性ホルモン「エ […]

PMSでお悩みの方に!PMSとは?

月経前症候群(PMS)とは 月経前症候群(PMS)とは、月経前の3~10日頃の時期に5~8割の女性に起こる不調で、20〜30代の女性に多く見られます。生理の開始と同時に症状が軽くなったり、なくなったりする特徴があり、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量の急激な変動が原因の一つと考えられています。月経前に不調を感じるなら、PMSを疑ってみてください。 こんな症状、月経 […]

簡単にできる生理痛の3つの対処法

毎月訪れる生理。そのたびに生理痛でお悩みの女性は多いのではないでしょうか?生理痛やちょっと下腹部が重いなというときに簡単にできる対処法3つをご紹介します!是非試してみてくださいね。 簡単にできる生理痛の対処法 ①温める 生理痛・月経痛がひどくなる原因のひとつが、体の冷えによる血行不良。生理中はホルモンの変化で体温が下がるので、普段あまり冷えを感じていない人でも体が冷えやすくなっているそう。お腹周り […]

生理痛の4つ原因。もし冷えが原因なら温活で楽になります!

生理痛でお悩みの女性は多いのではないでしょうか? 子宮の内部には「子宮内膜」という赤ちゃんを育てる“ベッド”が作られます。妊娠しなかった場合には、はがされて血液と一緒に体の外に出されます。これは、だいたい28日周期で繰り返され、ベッドが使用されず外にだされる時が生理で、その際に感じる下腹部や腰などの痛みを「生理痛」と呼びます。今回は生理痛の4つの原因をみてましょう! 1.プロスタグランジンの分泌量 […]

【番外編】【体験談】がんになったら婚活では不利?そんなことはありません!

41歳、がん経験後、婚活サイトに登録してみました! ライターの私は、41歳独身(離婚経験あり・子供なし)、がん経験者です。3年半前に子宮頸がんが発覚し、円錐切除術後、3か月に1度の定期健診をうけてきました。がんを早期発見できたので、手術後は経過観察だけでよく、3年半たった今では検査結果も良好。異形成もない「NILM(正常)」です。 さてそんな私ですが、素敵な出会いを求めて、コロナの時期もあり、婚活 […]

子宮頸がんのステージと生存率

子宮がんの病期(ステージ)について知っていますか? Ⅰ期…肉眼では確認できないものの組織学的にのみ診断できる浸潤がんがⅠa期、病変が臨床的に確認できるものやⅠa期を超える浸潤が見られるものはⅠb期となります。 Ⅰa期の中でもⅠa1期と呼ばれる段階であれば子宮温存が可能な円錐切除術を選択できる場合も多いです。 Ⅱ期…手術や術後の化学療法を中心に治療を行う段階で子宮頚部以外にがんが広がっているものの骨 […]

子宮頸がんで手術しました!後遺症は残りますか?

手術後の後遺症は気になるところですよね。特にこれから妊娠を控えている女性は、妊娠できるのかどうかなど気になるのは当然です。今回は簡単に子宮頸がん治療の後遺症についてみていきたいと思います。 子宮頸がんを治療すると、後遺症は残る? 後遺症は治療の種類によって異なります。 初期のがんに対して行われる「円錐切除術」であれば、後遺症はほとんどありませんが、まれに頸管が狭くなって月経痛の原因になったり、流早 […]

子宮頸がんになっても妊娠できる?!手術前に先生との話あいが大切です

子宮頸がんになられた女性にとって、その後妊娠できるかどうかは重要なポイントになります。今回は参考までに子宮頸がんが発覚後どういう対応がとられるか見ていきましょう。 妊娠できるかどうかは、子宮頸がんの進みぐあいで変わります。 一般的に、目視でがんと診断できない状態(微小浸潤がん)では、病変部を含めて子宮膣部(膣部:子宮の下部で、膣鏡で観察できる範囲)を円錐形に切り取る手術を行えば妊娠可能です。 この […]

子宮頚がん検診結果は「ASC-US」。「ASC-US」とは?

「ASC-US」とは? 子宮頸がん検診は子宮頸部から細胞を採取し、細胞の変化を顕微鏡で観察して、異常があるかないかを判定します(細胞診)。「ASC-US」はこの細胞診断の分類に使われる用語で、日本語では「意義不明の異型扁平樹皮細胞(Atypical Squamous Cell of Undetermined Significance)」と言っています。細胞診では、診断が容易な場合と判断(診断)に迷 […]

1 9