温活専用布ナプキン通販サイトはこちら

CT検査、オーガニック、おなかが冷たい、お腹が冷たい、がん検診、クルリ、コロナ、コロナ対策、セルフチェック、不正出血、乳がん、乳がんセルフチェック、乳がん検診、体温、体験談、免疫力、免疫力UP、免疫力アップ、冷え、冷え性、冷え症、冷房、冷房冷え、原因、子宮、子宮頸がん、子宮頸がんの原因、子宮頸がん検診、布ナプキン、布ナプキン温活法、更年期、温活、温活法、相談支援センター、腸の温活、腸活、見分け方

異形性になっても正常細胞にもどる!経過観察が大切!!

異形成から扁平上皮がんへは数年をかけて進行! 子宮頚部の扁平上皮がんからは、その発生原因となるヒトパピローマウィルスの16型が最も多く検出されています。次に多いのが18型です。 扁平上皮がんはHPV感染からがん化するまでの過程が解明されているので、がんになる前の異形成の段階で見つけることができます。胃がん検診や大腸がん検診など、がん検診はいろいろありますが、前がん状態で的確に見つけることができるの […]

子宮頸がんの原因は、だれにでも可能性のあるウイルス感染です!

子宮頸がんの原因のHPV感染とは? 子宮頸がんの原因は、HPVとも呼ばれるヒトパピローマウィルスの感染です。子宮頸がんの発症には、ほぼ100%このHPV感染が関連していると考えられています。 HPVは粘膜の接触によって感染するウィルスで、ほとんどが性交渉によって感染します。このHPVはけっして特別なウィルスではなく、どこにでもあるありふれたウィルスで、性経験のある女性の約80%はこのウィルスの感染 […]

子宮頸がん検診で異形成と診断・・・よくある質問!

軽度異形成ですが、何もしないでいてもだいじょうぶなのか気になって仕方ありません。軽度異形成のうちに手術でとってもらうことはできますか? 軽度異形成ならば90%が自然治癒するので、いまの段階では治療はしないで経過をみていくだけでだいじょうぶです。中等度異形成も基本は経過観察ですが、2~3年たっても異形成が消えない場合には、HPVの型や患者の状況によっては円錐切除術をすすめることがあります。 異形成が […]

検査結果で異形成と告げられたら・・・経過観察をドロップアウトしない!

経過観察をドロップアウトしない! 経過観察というのは、定期的に検査をしながら経過をみていくということで、けっしほうっておいてもよいということではありません。しかし、3か月ごとに検査を受け、そのたびに不安をかかえて検査結果を聞きにいくというのは、時間的にも精神的にも負担になります。定期健診のたびに、異形成のままでがんではないといわれているからだいじょうぶと、せっかく異形成の段階で発見できたのに、経過 […]

子宮頸がん検診の検査結果で異形成と告げられた。どういうこと?

異形成は必ずがんになるわけではありません! 検査の結果、異形成であることがわかると、いずれはがんになるんだと思い悩みがちです。しかし異形成は必ずがんになるわけではありません。軽度異形成や中等度異形成は正常に戻ることが多く、高度異形成でもがんに進行するのは20%程度です。 異形成は軽度異形成(CIN1)、中等度異形成(CIN2)、高度異形成(CIN3)の3段階があります。軽度異形成や中等度異形成は3 […]